昨日脱毛し今朝起きてみたら、一部だけですが毛が残っている部分がありました。
奈落の底に落とされた気分ですね。
実はごくわずかですが、一度の脱毛で綺麗に毛がなくならない場合もあるようです。
その原因の一つが「剛毛」です。
そんなの自分のせいじゃないですよね(笑)
でも現実を受け入れるしかありません。
では、この剛毛を家庭で手軽に脱毛することは、不可能なのでしょうか。

 

<剛毛とは>

硬い毛の事です。
体毛もそうですが、髪の毛でも「硬い、柔らかい」の区別があることはご存知の方が多いでしょう。
筆者は腕の一部とすねの毛はこの「剛毛」です。
もう慣れたとはいえ、ムダ毛処理で排出される硬くて太い毛に
びっくりすることもしばしばです。

 

<苦労>

剛毛がたとえ少しでもある方は、こんなお悩みや経験がありませんか?
脱毛クリームの塗る時間を長くしたらいいのではないかとか。
脱毛処理の間隔を狭めたら、硬い毛にも効果があるのではないかと。
あるいは、二種類以上の脱毛方法を組み合わせたら、より綺麗に硬い毛もとれるのではないかと。
実はそれぞれの脱毛方法での適正な使い方、これを守らないと肌に影響が出てしまいます。
毛を除く事だけに注目し、結果肌が荒れたらそれ以降の脱毛処理が難しくなります。
何より、綺麗になる為の脱毛の目的を果たせなくなります。
その為、各メーカーは使用時の注意をよく守るように説明書に記載するわけです。

 

<希望>

では剛毛のムダ毛処理は、ある程度あきらめるしかないのでしょうか。
脱毛クリームを出すメーカーは、年月の経過と共に製品の中味を
より使いやすく、より効果的になるよう開発しているはずです。
実際、ニオイや肌への刺激、手間などの点では
以前よりも随分改良されていると、使っていてわかります。
であれば、お悩みの方も多いであろう「剛毛」についても
何らかのアクションがあってもいいなと、期待してしまいます。

 

そこで!調べました。
実はあったんです!剛毛にも効果を発揮する脱毛クリームが。

 

それは南国のフルーツ、パイナップルです。
パイナップルを毛に乗せるのではありませんよ(笑)

 

<効果>

剛毛を綺麗に取り除く脱毛クリームの成分に、このパイナップルを使っているそうです。
パイナップルに含まれている成分は、たんぱく質を分解する働きがあります。
この作用に着目し、除毛クリームに応用したそうですよ。
またパイナップルの持つ酵素には、抗炎症作用、皮膚の保護の働きが証明されています。
さらにビタミンにより美肌効果もあります。

 

すごいですね。
ついに剛毛の悩みから解放されるのみならず、美肌にもなるとても頼もしい 味方が登場しました。
使い方も簡単です。
この成分入りの脱毛クリームを買ってきたら、説明書のとうりに塗って時間を置き洗い流します。
さらにメーカーも色々工夫しているようで、ハーブの香りをさせるなど脱毛時のストレス軽減に頑張っているようです。

 

 

 

<おわりに>

いかがですか。剛毛の悩みに向き合って開発してくれた進化した脱毛クリーム
すぐにでも使ってみたいですね。
筆者の今年の脱毛計画は、パイナップル成分の脱毛クリームできまりです!
皆さんもご一緒に剛毛の悩みを解消しましょう。

 

 

 

 

更新履歴